【奈良】天理市職員の男「包丁を見せれば話を聞いてくれると思った」上司の自宅前で刃物所持

8/1(水) 19:10配信 奈良テレビ放送

 天理市の職員の男がきのう夜、上司の自宅前の路上で包丁を所持していた疑いで逮捕されました。

 銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕されたのは、天理市土木課の主査・西辻法人容疑者(43)です。警察の調べによりますと西辻容疑者は、きのう午後9時35分頃、天理市勾田町にある上司の男性の家の前で、刃渡り約17センチの包丁を持っていた疑いがもたれています。

 西辻容疑者は、仕事で自分に対する扱いが悪いので、改善してもらうため上司の自宅を訪ねていたといいます。自宅前で口論になり、西辻容疑者が包丁を持っていることに気づいた上司の妻が警察に通報しました。調べに対して西辻容疑者は、容疑を認め「包丁を見せれば話を聞いてくれると思った」と話しているということです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00010000-tvnv-l29