【メンヘル】警官による黒人殺害で米黒人社会のメンタルヘルス悪化、医学研究

http://www.afpbb.com/articles/-/3179615

警官による黒人殺害で米黒人社会のメンタルヘルス悪化、医学研究
2018年6月22日 19:02 
発信地:パリ/フランス [ 米国 北米 ]

【6月22日 AFP】米国で武器を持っていない黒人が警察に殺害される事例が人種比較で極端に多いことが、アフリカ系米国人の精神的な健康(メンタルヘルス)をむしばんでいるとの研究結果を22日、米大医学チームが報告した。

 英医学誌ランセット(The Lancet)に掲載された論文によると、黒人が警官に殺害される事件が相次ぐ原因として、根強い人種差別の表れだとの指摘がかねてあるが、ほとんどのアフリカ系米国人は実際にそのように認識しているという。

「警察が武器を所持していないアフリカ系米国人を殺害すると、メンタルヘルスへの副次的な悪影響がアフリカ系米国人社会全体に波及することが分かった」と、論文の上級執筆者でマサチューセッツ総合病院(Massachusetts General Hospital)とハーバード大学医学大学院(Harvard Medical School)に在籍するアレキサンダー・サイ(Alexander Tsai)准教授(精神医学)はAFPに説明した。


 研究結果では、黒人が警官に殺害された事件の影響が、被害者の身近な友人や家族の範囲を超えて広がっていることが確認されたとして、「有意な発見だ」とサイ准教授は述べている。

 警察に殺害されたアフリカ系米国人の人数は、報道機関や研究者によって数字にばらつきはあるものの、2014年以降は毎年およそ300人に上り、うち約25%は武器を所持していなかったとされる。研究チームによれば、この期間に警察が殺害した黒人の数は、白人の約3倍で、武器を持っていなかった事例に限定すると5倍近くも多かった。

 警察による黒人殺害が広範なアフリカ系米国人社会に精神的な悪影響を及ぼしていることを確かめるため、研究チームでは、2013~15年に全米10万人の成人アフリカ系米国人を対象に直近30日間のうちストレスやうつ、情緒障害がみられた日数を聞いた電話調査結果と、警察による殺害事例を州ごとにまとめたデータベース「マッピング・ポリス・バイオレンス(Mapping Police Violence)」の記録を比較した。

 統計分析を行ったところ、電話調査前90日以内にアフリカ系米国人が警察に殺害されていた場合、精神的な健康状態の悪い日が多くなるという強い相関がみられた。この「波及効果」は、電話調査の回答者が居住する州内や近隣州で直前の30~60日以内に警察によるアフリカ系米国人殺害が起きた場合に最も強く表れた。(c)AFP/Marlowe HOOD